本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

講座・イベント、団体・サークルなどの生涯学習情報を総合的に提供するシステムです

第29回企画展「さいたま 近代教育の幕開け」

 平成30年(2018)は、明治元年(1868)から起算して150年の年に当たります。この節目の年に、教育というテーマで近代化の歩みを進めた時代を振り返ります。
 明治時代、日本はあらゆる面で急速に近代化が進められました。教育もその一つであり、「学制」をはじめとする近代教育制度が導入されていきました。
 さいたま市域に目を向けてみると、「学制」に基づき学校が各地に展開し、小学校の教員養成が急務となる中、浦和の地には埼玉県師範学校が設置されました。同校は埼玉県各地に多くの教員を輩出し、県下の近代教育の発展に貢献しました。なお、平成30年はその校舎「鳳翔閣」が建築されてから140年目にも当たります。
 本展では「鳳翔閣」をはじめ、埼玉県師範学校にゆかりのある資料や、近代教育の幕開けとともに広がりをみせた初等教育に関連する資料などから当時の教育の諸相を紹介します。

会期 平成30年 3月10日(土)から5月6日(日)
時間 午前9時から午後4時30分
会場 さいたま市立博物館 1階 特別展示室
休館日 月曜日(祝日は開館)、3月22日(木)、5月1日(火) 、5月2日(水)


<展示構成>

1.寺子屋から学校へ
2.埼玉県師範学校
3.さいたま市域の初等教育


<関連講座>

1. 「近代教育の幕開け ―学校と教師の誕生―」
日時 3月10日(土)午後2時から午後3時30分
会場 さいたま市立博物館 講座室
講師 山田 恵吾 氏 (埼玉大学教育学部准教授)
定員 50名(申込み先着順)
費用 無料
申込み 3月3日(土)午前9時からさいたま市立博物館へ
電話でお申し込みください(TEL048-644-2322)

2.「鳳翔閣について」
日時 3月17日(土)午後2時から午後3時30分
会場 さいたま市立博物館 講座室
講師 山 清司 氏 (元さいたま市立博物館長)
定員 50名(申込み先着順)
費用 無料
申込み 3月6日(火)午前9時からさいたま市立博物館へ
電話でお申し込みください(TEL048-644-2322)

<展示解説>
博物館学芸員による展示解説を行います。(お申込みは不要です)
1.3月31日(土)午前11時・午後2時の2回(各回30分程度)
2.4月14日(土)午前11時・午後2時の2回(各回30分程度)

開催期間

2018年3月10日(土)〜2018年5月6日(日) 09:00〜16:30

休館日:月曜日(祝日は開館)、3月22日(木)、5月1日(火) 、5月2日(水)

会場

市立博物館 (大宮区)

お問い合わせ

お問い合わせ先市立博物館
電話 048-644-2322
FAX048-644-2313

申込み

申込方法その他

展示の観賞および展示解説につきましては、申し込み不要です。
関連講座につきましては、お電話にて市立博物館までお申し込みください。
電話 048−644−2322

対象者

どなたでも

講座・イベント案内

費用無料

託児